VPSその9・WordPressをインストールする

前回まででWordPressのインストール準備が整ったので、今回はWordPressのインストールをやってみる。

ここまでの目次

データベース作成

まずはWordPressで使用するデータベースを作成するためMySQLにログインする。

$ mysql -u root -p

WordPress用のユーザが存在しない場合は作成。

mysql> create user ユーザ名@localhost identified by 'パスワード';

作成を確認。

mysql> select user, host from mysql.user;

続いてWordPress用のデータベースを作成。

mysql> create database データベース名;

作成を確認。

mysql> show databases;

作成したユーザに作成したデータベースへのアクセス権限を与える。

mysql> grant all privileges on データベース名.* to ユーザ名@localhost;

インストール

まずはWordPress日本語版の最新バージョンをダウンロード&解凍。

$ wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
$ tar xvfz latest-ja.tar.gz

これでwordpressディレクトリが作成されるので、この内容をブログ用のサブドメインを作成するで作成したWordPress用のルートディレクトリに全てコピーする。

$ cp -Rp wordpress/* /home/username/blog

続いてブラウザでhttp://blog.example.comにアクセス。

wordpress1

先程作成したデータベースとユーザの名前、そしてパスワードを入力。

wordpress2

書き込みに失敗・・・どうやらWordPressをインストールしたディレクトリの、パーミッションの問題のようだ。

wordpress3

画面の指示通りにwp-config.phpファイルを作成して内容をコピペ、再度試すと今度は無事成功した(しかしこの状態ではプラグインのインストール等でまたパーミッションの問題に遭遇する)。ブログのタイトルと、ブログ用のユーザ名とパスワード、そしてメールアドレスを入力してインストール。

wordpress4

無事インストールに成功。

wordpress5

後は先程設定したユーザ名とパスワードでログインして編集するだけだ。

wordpress6

以上でWordPressのインストールは完了!

スポンサーリンク