DropBox を Git の共有リポジトリ置き場に利用する

プロジェクトのバージョン管理に Git を利用しており、リポジトリを複数PCや複数人で共有するにあたり GitHub にリポジトリを作る事を考えたのだが、非公開リポジトリを作ろうと思うと、無料ではリポジトリ数に制限がある。そこで、DropBox に Git の共有リポジトリを置いてみる事にした。

DropBox に共有リポジトリを作成

まずは DropBox の同期フォルダに移動して、Git リポジトリ用のフォルダを作成。ここでは  gitrep という名前にしておく。

$ cd /Users/hoge/DropBox
$ mkdir gitrep

次に作成した gitrep フォルダの中に、共有リポジトリを作成する。プロジェクト名は hoge として、hoge.git というフォルダを作成して git init コマンドで初期化する。

$ cd gitrep
$ mkdir hoge.git
$ cd hoge.git
$ git init --bare

これで空の共有リポジトリが作成された。

リポジトリのクローンを作成

作業を始めるには先程作成した共有リポジトリのクローンを作成する。

$ git clone /Users/user/Dropbox/gitrep/hoge.git

後は普通に Git を利用してプッシュすれば Dropbox で同期されるようになる。

問題点

これで Dropbox を利用する PC 間でリポジトリを共有できるようになった。しかし問題点もあり、当然ながらオフラインだとプッシュはできるが他のユーザと同期されない。
また Dropbox の同期タイミングによっては最悪ファイルの破損なども考えられる。

今の所は一人でやってるので大した問題ではないが、多人数で利用するにはその辺りをうまくやる必要が出てきそうだ。

スポンサーリンク