Google XML Sitemapsで更新を通知する

DSCF0913

ブログ記事の公開や更新をした際に、自動的に検索エンジンに通知してくれるプラグインがこのGoogle XML Sitemapsだ。同じサイトマップを生成するプラグインでも、訪問者向けのサイトマップを生成するPS Auto Sitemapとは違い、このプラグインが生成するのは検索エンジン向けのXMLサイトマップである。

インストール

プラグイン画面で新規追加をクリックする。

1

プラグインを追加画面でGoogle XML Sitemapsで検索すると、トップにヒットするのでGoogle XML Sitemapsの「今すぐインストール」をクリックする。

2

しばらくするとインストールが完了するので、有効化をクリックして完了だ。

3

設定項目の中にXML-Sitemapが追加される。この時点ではまだ検索エンジンには通知されておらず、新しい投稿を書くと自動的に通知されるようになる。各種の設定もここで行うが、よくわからなければデフォルトのままでも特に問題はない。

5

記事を投稿するとサイトマップが更新され通知されましたのメッセージが表示されるようになる。

6

Google Search Consoleに追加

Google Search Consoleに自分のサイトを登録したら、管理ページに移動してクロール項目の中にあるサイトマップに移動して、右上にあるサイトマップの追加/テストをクリックする。

11

Google XML Sitemapsの設定ページにあるXMLのURLを入力して、サイトマップを送信をクリックする。

12

これでサイトマップの追加が完了。

13

サイトマップに送信されたページ数とインデックスに登録されたページ数が表示されるようになる。

14

スポンサーリンク